topimage20090101
SEO対策
今日:
昨日:
セカンドバースディ | パスタ一家deブランチ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
セカンドバースディ
you tube ←クリックを!(BGMにどうぞ)




僕はパスタ君。





僕はママが大好きだった。



20090211-01
    (写真はカノンとアロハ。)





ママのおっぱいも大好きだったし、
何より、
お腹の下で眠るのが僕の好きな時間だった。
安心できる場所だった。


ずっとママと一緒にいれると思っていた。





ある日、
大きな手が僕を抱き上げた。

そのとき、僕は
もう2度とママに会えなくなるなんて
これっぽっちも思ってもいなかった。



でも、、、

毎日一緒にいた兄弟たちはみんなばらばらになった。
他の子たちがどこに連れていかれたのか僕は知らない。




僕は小さな箱に入れられた。
中は真っ暗だった。

ごとごと音がしたり、
揺られたり、
ものすごい轟音もした。


  (パスタ君は空輸でペットショップにきました)


僕は恐くて恐くてたまらなかった。




ようやく箱のふたが開けられたときには
そこにママはいなかった。


僕と同じくらいの小さな犬がたくさんいた。

僕は僕と同じ匂いがする子を探してみたけど、
いなかった。

ママの匂いもどこにもしなかった。




そこでは、お腹がすく時間になれば
ご飯もくれたし、
たくさんの友達と遊ぶことも出来た。

楽しかったけど、
なんだか寂しかった。


  (そのペットショップは、1匹ずつのガラスケースではなく
   子犬たちがある程度の広さの部屋で遊んでいます。)


夜は一人ぼっちだった。

ママが恋しかった。
寂しくてクンクンと鳴いてる声もした。

でも僕は鳴かなかった。


鳴いてもしょうがないような気がした。


心の中は不安でいっぱいだった。
僕はこの先どうなるんだろう・・・



ある日、
僕を抱きにきた人がいた。

その人は両手で僕を抱き上げて
『かわいい』と言った。

僕の知らない匂いがした。


また僕はどこかへ連れていかれるのかな?

ママはどうしてるんだろう?


僕は恐かった。



それから1週間後、
僕を迎えにきた・・・


このあいだ、僕を抱っこした人だった。


僕の頭を優しく撫でてくれた。
恐い人じゃないかもしれない・・・・

だけど僕は不安だった。


でも僕にはどうすることも出来なかった。




また狭い小さな箱の中に僕はいた。


外からは僕の知らない人の声や、
知らない音がいっぱい聞こえた。。
聞いたことのない声や音が僕は恐かった。


でも、僕は鳴かなかった。



再び箱から出たときには
知らない場所にいた。

でもやっぱりそこにもママはいなかった。


20090211-02


何もかもがしらない匂いだった。
何もかもが初めて見るものばかりだった。


僕を抱っこしてくれたその人は
僕のことを『パスタ君』と呼んだ。

『パスタ君』ってなんだろう?

僕のこと呼んでる?



僕の目を見つめて
何度も何度も『パスタ君、パスタ君』と言った。


僕を名前で呼ぶのはこの人が初めてだった。



パスタ君と言いながら僕を撫でてくれた。


『パスタ君』と呼ばれたら顔をあげてみたし、
『パスタ君』と呼ばれたら駆け寄ってみた。


そうすると、
その人は嬉しそうに笑った。

そして僕を抱っこしてくれた。


ママのお腹ほど安心できたわけじゃないけど
ママの傍にいるのと同じくらい暖かい気がした。



20090211-03


でも、
僕はいつまでここにいるんだろう?



ママはどうしているんだろう?



僕は、
僕がどうしたいのかを
伝える術を知らなかった。



20090211-04


僕は僕の力で
僕の人生を決めることが出来ない。


ママのそばにいられなくなったときに
僕はそう思った。



20090211-05


僕より大きなこの猫が
僕は恐くてたまらなかった。

でも、この猫は何もしなかった。

マーブル君は優しかった。



マーブル君も
僕と同じようにして
ここにきたんだということがわかった。


20090211-06


僕はこの日、
りんごの家族になった。



あの日から3年。





いつまでここにいるんだろう?
と、不安だったのに、

今は僕の一番安心できる場所だ。



ママはいないけど、
夜も一人じゃない。



もうママには会えないかもしれないけど
それでもいいと僕は思う。





あの不安だった夜。
こんな日が来るなんて僕は知らなかった。




今日は僕のセカンドバースディ。
りんごの家族になった日。


僕はこの日をずっと忘れない。





今、僕は、
自分の想いを伝える術を知っている。


りんごかぁちゃんが僕のことをわかっている。


僕はりんごかぁちゃんの傍を離れない。





『パスタ君、
パスタ君は小さいとき
食べてしまいたいくらいに可愛かったんだよ』

と、りんごかぁちゃんは言う。



僕は、、、、


20090211-07



僕は今だって十分可愛いと思うよ。



20090211-08




キャバリアブログランキングに参加中!
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ 

パスタ君のひとりごと
Comments*10 / Trackbacks*0
スポンサーサイト
-
Comments*0 / Trackbacks*0
☆Comments★
パスタくん、幸せなんだね(^^)
その幸せは、永遠に続くね☆
かけがえのない宝物☆家族☆
はちゅ
2009/02/11 8:52 PM
セカンドバースデイ おめでとうございます!!

パスタくんの願う 永遠の幸せは 永遠に続きますよ。

白目むいてるパスタくん・・・・。

超 イケてる!!!!
ふみ
2009/02/11 10:11 PM
ウチのワンコも富山から空輸できたからパスタ君の気持ちと同じなんだろう。
あの頃は休日だとずっと外で遊んでたものです。
思い出しら今がちょっとかわいそう(爆)

今日は近所で捕獲された迷い犬がお巡りさんに連れられて我が家へ。
飼い主を探してるとこでした。
なにもわからないワンコ。寂しいでしょうね。
今は飼い主のトコに戻ってると信じたい。



moon
2009/02/11 10:22 PM
りんごさん、こんばんは。
そうか、パスタ君のセカンドバースデーだったんですね。
本当のママとは離れちゃったけど、りんごさん、ひでさん、そしてカノンちゃん、アロハ。ちゃんアネラちゃんという新しい家族に巡り合えることができたもんね。
リクもママと離れ離れになった日はとっても悲しそうに鳴いてたのを思い出します・・・・。
リクは今幸せかな・・・・。
リク
2009/02/12 9:48 PM
はじめまして♪
パスタくん!セカンドバースディーおめでとう!
家のぽん太も、ペットショップで・・パスタくんと同じ気持ち
だったのかな〜なんて思って、記事読んでいました。

本当にず〜っと前からお邪魔してて、笑ったり、涙したり
時には、大きくうなずいたり・・でした。
キャバを飼うきっかけは、るーく君で
決心したのは・・・パスタくん!なんです!
これからもよろしくです!
ぽん母
2009/02/13 12:51 PM
■■はちゅさんへ■■

パスタ君は今、幸せと思ってくれてるかな?
そう思ってくれてるといいなと思います。
そしてこれがずっと続くように願います。
りんご
2009/02/13 2:50 PM
■■ふみさんへ■■

この世に生まれた全ての子たちが幸せであるように。
そんなふうに思います。
この幸せがずっと続くといいな。

白目パスタ君もなかなかいいでしょ?
りんご
2009/02/13 2:52 PM
■■moonさんへ■■

空輸で運ばれる犬って結構いるんですね。
まぁ、日本全国にペットショップがあるわけだから。
迷子犬か、、、、
ちゃんと警察の人が飼い主を探してくれてるんですね。
ちゃんとおうちに帰れたかなぁ
りんご
2009/02/13 2:55 PM
■■リクさんへ■■

リク君は幸せですよ。
顔に表れていますよ。
そうか、リク君もママが恋しかったのかな。
でも、今はリクさんや旦那さんと
毎日楽しそうにお散歩してるじゃぁないですか。
雨の日も、夜になってもね・・・
りんご
2009/02/13 2:58 PM
■■ぽん母さんへ■■

ご訪問ありがとうございます!!
ぽんちゃんもデカイんですよね。
るーくとパスタ、これでデカキャバ3匹揃いましたね。
決心したのがパスタ君とは驚きです!!
どこに惹かれたんでしょう(笑)
でも光栄です。
これからもよろしくです。

そうそう、リンクさせてくださいね。
りんご
2009/02/13 3:01 PM
☆CommentForm★










☆TrackbackURL★
http://pasta-canon.jugem.jp/trackback/719
☆Trackbacks★
InternetExplorer Only