topimage20090101
SEO対策
今日:
昨日:
時間 | パスタ一家deブランチ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
時間
2009年2月某日 毎日新聞『余禄』より抜粋

 「いきなり話の要点に入るのはとっても無作法
交渉は日がな一日ゆっくりあわてず
『すぐに』が一週間のことをさす、
のんびり、のん気な日本流
時計の動きはてんでんばらばら
報時の響きはそろわない……」

▲明治に来日した米国人が書いた「大ざっぱな時間の国」という詩である。

今ではちょっと耳を疑うが、
西本郁子さんの「時間意識の近代」(法政大学出版局)によると、
幕末や明治の日本人はのんびりと時間にこだわらぬ人々だったらしい

「この国では物事はすぐ進まない。
一時間そこいらは問題にならない。
『すぐに』という意味の『タダイマ』は、今からクリスマスまでを意味することもある。
怒っても無駄だ」
とは英国の日本案内書だ。



実に驚く内容の記事でした。
今や分刻みで動いて(働いて)いる日本人。

時間にもうるさい。


明治の人が長生きのような気がするけど、
そういうのんびりした生活がよかったのかもしれないな。


みんな頑張りすぎ。

年末だって31日まで働いて
お正月は1日からスーパーは開いている。

子供の頃は正月3日はどこもお休みだったけどな。


もっとゆっくり
のんびり、、、、

そんなふうに思うなんて年とった証拠か?! うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ




私の住んでる町を走る電車はよく止まる。
分刻みで正確に動いているものが動かなくなると
人は急にイライラし始める。

車内放送は
『人身事故』と言っている。

車内で、『またか・・・』というため息が漏れる。


でも、よく考えてみたら
人が亡くなってるんですよね。

そういうことが日々毎日、普通に起きている。
そのことに無頓着になってしまっているような気がする。


みんな、そんなに急いで
どこへ行くんだろう・・・・・






今日は朝も晩も
ひでが犬のお散歩に出かけていました。

こんな素敵な空の写真を撮ってきました。



20090207-01


ゆっくり空を見上げたり
春の訪れを全身で感じたり
ゆっくりとゆっくりと。。。


人間は面倒な生き物です。

笑ったり泣いたり
怒ったり悲しんだり
苦しんだりもがいたり

子供の頃にもそれなりに悩みはあったけど、
大人になってからの悩みは結構やっかいだったりする。


人がどうあっても
変わらずにいてくれるのが、、、


20090207-02


犬はシンプルに生きてる。

素直だ。

嬉しいなら嬉しいとシッポを振る。
目を輝かせる。



20090207-03


ウソもない。


20090207-04


正直に素直に
私を信じてくれている。



20090207-05


20090207-06


20090207-07


20090207-08


この子たちの生涯は短いけれど
それはそれで、いいような気もする。


もし、人間と同じほどの寿命だったりしたら
一生の面倒を見てあげれないことだってある。


終わりがあるから、
いつか無くなるから、
いつか散ってしまうから、

花は花らしく綺麗だし、
犬も犬らしくいられるのかもしれない。

人も人らしく、
私も私らしく、、、



20090207-09


夕ご飯がすんで、
寝るまでのひととき。

今、この時間が一番好き。

ゆっくりできる。


明日もいい日でありますように。




キャバリアブログランキングに参加中!
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ 

りんごのつぶやき
Comments*6 / Trackbacks*0
スポンサーサイト
-
Comments*0 / Trackbacks*0
☆Comments★
人には皆、別々の自分時間みたいな物があると思う。でも周りの時間に合わせ様と無理して壊れていく気がします。自分らしくって実は、とても勇気がいる事かもね。人にも、犬にも、それこそ物にも与えられた寿命がある。でも、それを気にして生きているのは人だけ……ただ素直に今を生きるワンコ達を見習いたいと思うなぁ〜
ピグ
2009/02/07 11:56 PM
日本人は細かいですもんね。電車の時刻が正確だと自慢するくらいですからね。
なんでも問題にしたがるこのご時世。
仕事だけが生きがいの日本人。不景気になれば大騒ぎ。
外国みたいに一ヶ月くらい休みをくれよ!って思います。
それに比べて動物は汚れがない。
思うままに暮らし、思うままに行動する。
昔は人間もノンビリ暮らしてたはずです。
ある意味うらやましいですね。
便利、不便を知らない時代にいきたいですね。
moon
2009/02/08 5:19 PM
りんごさん、こんばんは。
時間の進み方。
海外に行くとたまにびっくりしますよね。あまりのアバウトさに(笑)。
で、最初は「こんな生活がいい〜」なんて感激するんですけど・・・少し経つと「ど、どうしてこうなの〜?!」に変わっちゃうという。
で、あぁ、私って生粋の日本人なんだ・・・と再確認します。
でも、単細胞な私は「これが日本人的時間間隔。日本に長年住んでいたから簡単に抜けるもんじゃないや〜♪」で片づけちゃいます。
ま、日本の中ではかなりのんびり暮らしている方だからいいとするかな(笑)。
リク
2009/02/08 8:22 PM
■■ピグさんへ■■

そうか、自分らしくっていうのは本当は難しいことかも。
今はみんなと同じじゃなくちゃいけないとか
周りと同じでありたいとか思うことのほうが多いですよね。
周りとちょっとでも違うとへんな人みたいなレッテルが貼られたり。
確かに寿命を気にして生きているのは人間だけ。
顔が気に入らないとか、プロポーションがどうとか
そんなことを気にしているのも人間だけ。
いかに自分らしく生きるか、永遠の課題かも。
りんご
2009/02/09 2:51 PM
■■moonさんへ■■

そうだねぇ〜1ヶ月くらいお休みをとってハワイでも行きたいです。
時間を気にせず、周りを気にせずのんびりと過ごしてみたいもんです。
それにしても明治の日本人はのんびりしていたのには驚きでした。
江戸時代も物を大切にして過ごしてたって言いますよね。
そういう日本の良さがどうして残らなかったのかが不思議です。
りんご
2009/02/09 2:54 PM
■■リクさんへ■■

私も今は毎日のんびりゆったり生活しています。
っていうか、怠け者って感じです(笑)
日本人ももう少しアバウトな部分があってもいいような気がしますが、
自分に厳しいのはもちろん他人にも厳しいですもんね。
江戸時代、明治時代の日本人はゆったりしていたといいますが、
いつの頃から今のような日本人になったんでしょうね。
いつ生まれたかによって、性格がずいぶん変わるような気がします。
りんご
2009/02/09 2:57 PM
☆CommentForm★










☆TrackbackURL★
http://pasta-canon.jugem.jp/trackback/716
☆Trackbacks★
InternetExplorer Only